ブログ


風呂場の白いカピカピ汚れ正体は水垢 | お掃除方法と汚れを防ぐ方法

 

「風呂場の白いカピカピ汚れを落としたいけれど、中性洗剤ではなかなか落ちない」、「短期間でカピカピ汚れが発生する」といった悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。カピカピ汚れが落ちないのは、正しいお掃除ができていないのが原因です。今回は、プロのお掃除業者「ハウスエイト」が風呂場の白いカピカピ汚れのお掃除方法や汚れを防ぐ方法などについて詳しくご紹介します。

 

風呂場の白いカピカピ汚れの正体は「水垢」

風呂場の白いカピカピ汚れの正体は水垢です。水垢は、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分が浮き出たもの。シャワーを浴びると、さまざまな場所に水滴が付着します。時間が経つと水滴は乾きますが、水道水に含まれるミネラル成分は表面に残ります。

 

ミネラル成分は白っぽい見た目をしており、物体の表面に強固に付着するため、白いカピカピ汚れになるのです。シャワーに水道水を使用している以上は水垢は必ず発生するため、いかに水垢の発生を抑えるか、楽に落とすかがポイントとなります。

 

それでは、水垢について知っておきたい知識を2つ詳しく見ていきましょう。

 

湯垢との違い

水垢と湯垢の違いについて知っておくことが大切です。湯垢は、皮脂汚れや皮脂を餌に増殖した雑菌による汚れを指します。排水口や浴槽の底がぬるぬるしているのは、湯垢によるものです。皮脂を餌に増殖した雑菌は、バイオフィルムと呼ばれる膜を形成するのですが、表面がぬるぬるしています。

 

水垢はカピカピ、湯垢はぬるぬるしているものと覚えておきましょう。

 

湯は水道水を温めたものですので、ミネラル成分も含まれています。しかし、バイオフィルムや皮脂の影響で乾燥しないため、水垢は発生しません。湯垢を落とす際に、ミネラル成分も一緒に落とすことができます。

 

水垢はアルカリ性

水垢はアルカリ性の汚れです。洗剤で汚れが落ちるのは、化学反応が起きるためですが、台所洗剤に代表する中性洗剤ではアルカリ性の汚れは落とせません。軽い水垢汚れであれば落とせるかもしれませんが、カピカピにこびりついた水垢は落とすことが難しいでしょう。

 

この場合、アルカリ性と反対の性質を持つ酸性洗剤を使います。なお、お掃除テクニックとして酸性のクエン酸を使う方法がありますが、酸性洗剤よりも洗浄力が低いため、二度手間になる恐れがあります。酸性洗剤はトイレ掃除にも使えて便利なので、この機会に購入しておくとよいかもしれません。

 

風呂場の白いカピカピ汚れを落とす方法

風呂場のカピカピ汚れを落とす方法は、酸性洗剤を使うのが基本です。それでも落ちない場合は、他の方法を実践してみてください。風呂場の白いカピカピ汚れを落とす方法を詳しく見ていきましょう。

 

酸性洗剤を使う

酸性洗剤は洗浄力に優れており、アルカリ性の汚れ落としに最適です。ただし、皮膚に付着すると乾燥や炎症などが起きるため、必ずゴム手袋を着用しましょう。また、酸性洗剤を吹きかけて長時間放置すると、素材を傷める恐れもあります。

 

酸性洗剤を染み込ませたスポンジで白いカピカピ汚れのところを拭くと、簡単に落とせるでしょう。なお、酸性洗剤は塩素系漂白剤と絶対に混ぜてはいけません。有毒ガスが発生し、深刻な健康被害を受ける恐れがあります。

 

<h3>汚れが残る場合はアルカリ性洗剤も使う</h3>

酸性洗剤を使っても汚れを落とせない場合は、水垢以外の汚れが付着している可能性があります。そのため、アルカリ性洗剤を使ってみるとよいでしょう。酸性洗剤で掃除後、十分に洗い流してからアルカリ性洗剤を吹きかけます。あるいはスポンジにアルカリ性洗剤を染み込ませて、汚れのあるところを拭いてください。

 

水垢にはクレンザーを使う

酸性洗剤とアルカリ性洗剤を使っても落ちない汚れには、クレンザーを使ってみてはいかがでしょうか。クレンザーは、表面に付着した汚れを削り落とすことができます。クレンザーを振りかけたスポンジで汚れの部分を円を描くようにゆっくりこすります。汚れが落ちたら水で洗い流し、水滴が残らないように乾いた布で拭き取りましょう。

 

クレンザーは、化学反応ではなく削ることで汚れを落とすものですので、過度な使用は禁物です。

 

<h3>ヘラや古いカードで落とす</h3>

クレンザーでも削り落とせない場合は、最終手段としてヘラや古いカードで削ぎ落とす方法があります。ただし、素材を傷つける可能性が高いため、最終手段としましょう。後述しますが、この段階でハウスクリーニング業者に依頼することが大切です。

 

風呂場の白いカピカピ汚れを防ぐ方法

風呂場の白いカピカピ汚れの掃除には手間がかかるため、未然に防ぐことが重要です。掃除の手間を少しでも減らすために、次のように対策しましょう。

 

こまめにお風呂掃除する

水垢は、放置すればするほどに落とすことが難しくなります。そのため、こまめに掃除することが大切です。一番の予防策は、水滴をすべて拭き取ることですが、入浴の度に行うのは現実的ではありません。中性洗剤でも簡単に落ちる程度の軽い水垢汚れの段階で掃除するのがベストです。

 

お風呂場フッ素コーティング

フッ素コーティングとは、フッ素と呼ばれる樹脂で素材の表面をコーティングすることです。時計や歯など、さまざまなものに用いられています。撥水性が高まり、汚れを付着させにくくできるため、日々の掃除が楽になります。

 

フッ素コーティング剤の中には、人工大理石や琺瑯に使用できないものもあるので注意してください。安心なのは、ハウスクリーニング業者に依頼することです。もし、市販のフッ素コーティング剤を使うのであれば、素材に使用できるかどうか確認しましょう。

 

フッ素コーティングは次の流れで行います。

 

(1)水垢や汚れを事前に落とす

(2)コーティング剤をふきんに染み込ませ、重ねないように塗り広げる

(3)3~6時間放置する

 

必ず換気して行うことと、同じ方向に向けて塗る必要がある点に注意してください。

 

ハウスクリニーングで風呂場をまとめて掃除できる

 

ハウスクリーニング業者に依頼すれば、白いカピカピ汚れだけではなく、ぬめり、石鹸カスなど、さまざまな汚れをまとめて掃除してもらえます。コストがかかることを懸念される方は少なくありませんが、普段は自分で掃除をして、半年に1回はハウスクリーニング業者に依頼するのも1つの方法です。

 

コストを抑えつつ、風呂場をきれいに保つことができます。ハウスクリーニング業者を選ぶ際は、実績や信頼性、料金などをチェックしましょう。また、風呂場を丸ごと掃除でセット割引が適用されるかどうかも要チェックです。

 

まとめ

風呂場の白いカピカピ汚れの正体は水垢です。水垢はアルカリ性のため、酸性洗剤で落とすことができます。酸性の汚れが混在している場合は、酸性洗剤をよく洗い流してからアルカリ性洗剤で洗いましょう。また、定期的にプロのハウスクリーニング業者に依頼することで、きれいな風呂場を維持しやすくなります。「ハウスエイト」は、体や素材に優しいエコ洗剤を使用し、豊富な知識と優れた技術に基づいたハウスクリーニングを行っておりますので、ぜひ一度ご相談ください。

 

地域口コミランキングサイト、ハウスクリーニング部門2022年1月現在1位を獲得!域最安値に挑戦中です。

 

神奈川県のハウスクリーニングはこちら

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社my connect. All rights Reserved.