神奈川・横浜 ハウスクリーニングエアコンクリーニング| 神奈川・横浜のハウスエイト

お見積もり無料・お気軽にご相談ください 0120-888-483 10:00~20:00 年中無休(電話受付は平日のみ)

ブログ


正しい除菌方法と必要な物 | 家具や食器の除菌方法ポイント

 

家の掃除をするだけでは目に見えない細菌やウイルスは除去できません。最近では除菌を習慣づけようと考えている方は多いのではないでしょうか。除菌と言えば、アルコールスプレーを吹きかければOKだと思っている方もいると思います。実は、ウイルスと細菌で効果がある消毒液が異なるのです。本記事では家のドアノブや家具、食器などの除菌方法について、プロのハウスクリーニング業者「ハウスエイト」が徹底解説します。

 

除菌に使える消毒薬

除菌に使用できる消毒薬は、主に次亜塩素酸ナトリウムと消毒用エタノールです。お茶に含まれるカテキンが除菌に役立つといった情報もありますが、具体的な濃度や効果の程度は証明されていません。そのため、除菌したい場合は、次亜塩素酸ナトリウムを使用した次亜塩素酸水と消毒用エタノールを使うことが大切です。

 

それでは、次亜塩素酸水と消毒用エタノールの違いや選び方について詳しくみていきましょう。

 

次亜塩素酸水の特徴とは

次亜塩素酸水は、食塩水や塩酸を電気分解することで作れる液体です。医療機器の消毒や食品の殺菌など、さまざまな用途で使われています。そのほか、野菜や調理器具の消毒や、野菜の色の維持などにも使えるなど、幅広い用途があります。

 

食品に使用できるといっても、口に入ってもいいわけではありません。食品に使用する場合は、次亜塩素酸水の成分が残留しないことが義務づけられています。しかしながら、有機栽培資源としても環境大臣から認可・指定を受けていることから、人体に対する有害性が低いことがわかります。

 

次亜塩素酸水は、全ての微生物に効果があり、ノロウイルスやコロナウイルス、ロタウイルスなども除菌できるため、実用性に優れています。

 

次亜塩素酸水の選び方

次亜塩素酸水はさまざまな製品が流通しています。除菌効果が期待できないものもあるため、正しく選ぶことが大切です。次の2つに注目して選びましょう。

 

成分と濃度

成分量とpH濃度からは、除菌能力の有無がわかります。消毒に使用できる次亜塩素酸水は、濃度0.02%(200ppm)~0.1%(1.000ppm)です。それ以上でもそれ以下でも消毒用には適していません。次亜塩素酸ナトリウムを希釈して使う方法もありますが、最初から消毒用として販売されている次亜塩素酸水を使った方が手軽です。

 

保存期間が長いもの

次亜塩素酸水は日常的に使用するため、保存期間が長いものを選びましょう。保存期間が短いものは、それだけ早く効果が失われます。また、日光によって劣化する性質があるため、光を遮断する容器に入っているものがおすすめです。

 

消毒用エタノールの特徴とは

消毒用エタノールとは、消毒を目的としたアルコールのことです。ここでいうアルコールは、お酒に含まれているアルコールと同じものですが、消毒に使用できる濃度ではないため除菌効果は期待できません。

 

消毒用アルコールの濃度は70~80%です。それ以上でもそれ以下でも消毒の効果を得られません。一般的に、消毒用アルコールとして販売されているものを選びましょう。消毒用エタノールで除菌できるのは、一般細菌や結核菌、真菌(カビ)、HIVを含むウイルスです。

 

除菌前の準備とは

除菌、ウイルス除去をする前には、家具や床などについた表面的な汚れやホコリを事前に取り除きましょう。理由はホコリが水気を帯びると、家具や床に貼りついてしまい張り付いた後におそ時をすることが大変になってしまいます。何よりもせっかく除菌できても、ホコリが残っているとスッキリしません。

 

家具やドアノブなどの除菌方法

家具やドアノブなど、口に入らないものには、消毒用エタノールを使いましょう。消毒用エタノールをスプレーして、清潔なタオルで拭いてください。ドアノブや家具は、1日の中でもとても多く人の手が頻繁に触れる部分のため、1日の中で数回に分けて除菌することが大切です。

 

なお、細菌やウイルスは手に付着しているため、誰かが一度でも触れると細菌やウイルスが移ってしまいます。そのため、1日の中で触れる頻度が多いタイミングに合わせて除菌することをおすすめします。

 

調理用品や食器の除菌方法

冷蔵庫内や調理用品、食器など、口に入る可能性があるものには、次亜塩素酸水を使いましょう。消毒用エタノールと同じく、スプレーしてから乾拭きしてください。調理用品や食器などは、洗った後に除菌してください。汚れがついた状態では、除菌効果が半減します。

 

また、しばらく使っていない食器や調理器具も定期的に洗って、除菌した方がいいでしょう。

 

消毒薬の使用上の注意点

消毒薬は、間違った方法で使うと人に対して有害な作用が生じる可能性があります。次の注意点を守りましょう。

 

  • 用途や希釈、濃度、使用方法などを守る
  • 子どもの手が届かない場所に保管する
  • 希釈して使うものは毎日新しいものを作る
  • 希釈したものを保管するときは誤飲しないように注意する
  • 消毒するときは手袋とマスクを装着する
  • 使用時には十分に換気する
  • 嘔吐物や下痢便などは取り除いたうえで消毒する

 

また、消毒液に応じて注意点が異なるので、それぞれ確認しておきましょう。

 

次亜塩素酸水の注意点

次亜塩素酸水を使うときは、次の注意点を守りましょう。

 

  • 酸性洗剤を混ぜると有毒ガスが発生するため、同じ場所に絶対に使用しない
  • 金属を腐食させるため、金属には使用しない
  • 汚れを十分に取り除いてから使わなければ効果が半減する
  • 脱色作用があるため色付きの家具には使えない

 

上記の中でも、酸性洗剤と混ぜないことは特に注意しましょう。もし、混ぜてしまった場合は、すぐに換気をして安全な場所に避難してください。

 

消毒用エタノールの注意点

消毒用エタノールの注意点は次のとおりです。

 

  • 刺激が強いため、肌が敏感な方が使用すると手荒れが起こる可能性がある
  • 傷や手荒れがあるところには使わない
  • ゴムや合成樹脂を変質させるため、ゴム製品やプラスチック製品には使えない
  • ノロウイルスやロタウイルスには効果が低いため次亜塩素酸水を使う
  • ウイルス性の病気で嘔吐をした場合の消毒は次亜塩素酸水の方が適している

 

また、消毒用エタノールは手指の消毒にも使用できます。直接手につけるのではなく、消毒用エタノールを含ませたティッシュで手を拭いて、自然乾燥させましょう。消毒用エタノールは刺激性があるため、原液を直接手につけると手荒れが起こる恐れがあります。

 

こんな時はプロに定期的に任せるのがおすすめ

日々の除菌が面倒・家に小さな子供がいる・高齢者が家にいるといった場合は、プロに除菌を任せてみてはいかがでしょうか。特に小さな子供や高齢者は抵抗力が低い傾向があります。プロなら、場所に応じて適切な方法で除菌ができます。また家具などの除菌はもちろんですが、自分ではなかなか行えない空間除菌などもプロに任せるとしっかりやってもらえます。月1回など定期的に除菌を依頼することで、掃除や洗濯、炊事など、他の家事の負担が軽減されます。

 

除菌サービスはハウスエイトがおすすめ

ハウスエイトクリーニングではお掃除の経験を生かし自宅の除菌サービスも提供しております。使用する除菌剤にもこだわり食品添加物の成分として認められた除菌剤を使用しております。人には無害でウイルス除菌には効果が抜群な除菌剤なので、小さなお子様がいらっしゃるご家庭でも安心してご依頼いただけます。また定期的にご利用いただけるようとてもお安い料金設定で除菌を行っております。サービス内容は1時間の中であれば気になる箇所の除菌がやりたい放題で9,000円でプロの除菌サービスを行えます。

 

プロに除菌を依頼したい方は、神奈川県の「ハウスエイト」にご相談ください。

 

詳しくはこちら

 

 

友だち追加

お友達登録も簡単なので是非登録お願いします。

LINEで簡単お見積もりやLINE限定のお得なクーポンなども配信します。

是非お友達お願いします!

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社my connect. All rights Reserved.