神奈川のハウスクリーニング・エアコンクリーニング

お見積もり無料・お気軽にご相談ください 0120-888-483 10:00~20:00 年中無休(電話受付は平日のみ)

ブログ


キッチンのシンクや調理台の、サビ取りお掃除方法解説

 

キッチンのステンレス製のシンクには、気づかないうちにサビができています。茶色のサビはキッチン全体の見栄えを悪くするため、できるだけこまめに掃除したいところです。また、ガンコなサビつきは落とすのに苦労するため、正しい掃除方法を知っておきましょう。ここでは、キッチンのシンクにできるサビつきの原因や掃除方法について、プロのハウスクリーニング業者「ハウスエイト」が詳しくご紹介します。

 

キッチンのシンクやステンレスがサビる原因

ステンレスは、サビにくいと思っている方は多いのではないでしょうか。実は、ステンレスの大部分は鉄でできており、そこにニッケルやクロムなどが含まれることで、表面にサビにくい被膜が作られるのです。

 

被膜は自然に剥がれますが、放っておいても自然に発生するため、特別なケアは必要ありません。しかし、次のような原因でステンレスがサビついてしまう場合があります。

✅サビた金属とシンクの接触(もらいサビ)

包丁や空き缶などサビた金属をシンクに置きっぱなしにしていると、サビが移ってしまいます。そのため、サビた金属はシンクに放置せず、早めに処分するかキレイにすることが大切です。

 

✅こすり傷がついていた

タワシやクレンザーでシンクをこすると、被膜が剥がれてしまいます。そして、新たな被膜が発生する前にサビができる場合があるのです。

 

✅熱いフライパンをシンクに置いている

調理に使ったばかりの熱いフライパンをシンクに置くと、高温によってステンレスが劣化します。このようなことが習慣づいていると、それだけ大きなダメージを受けてサビやすくなるのです。

 

✅塩素系の漂白剤を使用している

塩素系の漂白剤を頻繁に使用すると、サビつきの原因となります。酸素系の漂白剤であればシンクにダメージを与えることなく使えるでしょう。

 

✅水滴をそのままにしている

水滴をそのままにしているとステンレスが劣化しやすいため、使った後は毎回しっかり水滴を拭きとってください。また、醤油や塩もステンレスを劣化させるため、すぐに水や湯で洗い流しましょう。

 

キッチンについたシンクのサビ取りに使う道具

それではさっそくシンクのサビ取り方法をご紹介する前にシンクのサビ取りをするにあたり、使う道具をご紹介していきます。

 

・重曹

・中性洗剤

・スポンジ(メラミンスポンジがおすすめ)

・クレンザー

 

これらは、どれもドラッグストアやホームセンターで手軽に入手できます。メラミンスポンジがあれば便利ですが、なければ普通のスポンジでも問題ありません。

 

シンクのサビ取りの流れ

それでは、シンクのサビ取りの方法を詳しくご紹介します。

 

  • シンクの汚れをしっかり落とす

まずは、簡単に落ちるシンクの汚れをしっかり落としましょう。そうすることで、サビついているところがはっきりわかるようになります。

 

  • メラミンスポンジでこする

軽度のサビつきであれば、メラミンスポンジでこするだけで落とせる可能性があります。あまり強くこするとステンレスを傷つけるため、やさしくこすりましょう。メラミンスポンジで落ちないことがわかったら、長時間こするのではなく次のステップに進んでください。

 

  • 重曹をサビにかける

重曹を振りかけて10分放置し、65℃以上の湯を少しずつかけましょう。そして、スポンジでこすることでサビつきを落とせます。これは、重曹がクレンザーに近い役割を果たすためです。

 

  • クレンザーとクエン酸をかける

重曹で落ちない場合は、クレンザーをかけて同じようにこすりましょう。また、それでも落ちない場合はクエン酸を足すことで洗浄力を高められます。

 

  • 乾拭き

重曹やクレンザーなどでサビつきを落としたら、シンク全体をしっかり洗い流しましょう。そして、最後に乾拭きすることがポイントです。水滴を放置すると再びサビついてしまい、掃除が無駄になってしまいます。

 

ガンコなサビつきはプロにお任せ!

シンクのサビつきが落ちないために放置していると、なかなか落とせないガンコなサビつきになる場合があります。自分で落とすのに時間がかかるうえに、間違った方法で掃除することでステンレスを傷めてしまう恐れもあるでしょう。

 

そのようなときは、プロのハウスクリーニング業者に依頼して、一度キッチンをリセットしてもらうことをおすすめします。ついでに、コンロ周りやレンジフードなども一度しっかりキレイにすれば、日々の掃除が楽になるでしょう。

 

おわりに

熱いフライパンをシンクに置いたり、タワシでこすったりすると、被膜が剥がれてサビつきやすくなります。軽いサビつきはメラミンスポンジでこすって落とせる場合もありますが、基本的に重曹やクレンザーなどを使用する必要があるでしょう。ガンコなサビつきは、プロのハウスクリーニング業者に任せるのがおすすめです。

 

神奈川県横浜市の「ハウスエイト」は、人体への害が非常に少ないエコ洗剤を使用し、キッチンのすみずみまでキレイにいたします。キッチンだけではなく、トイレや浴室などのお掃除もできますので、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社my connect. All rights Reserved.