神奈川のハウスクリーニング・エアコンクリーニング

お見積もり無料・お気軽にご相談ください 0120-888-483 10:00~20:00 年中無休(電話受付は平日のみ)

ブログ


エアコンの効きが悪い!汚れが原因?修理の前にお掃除を

 

エアコンの効きが悪い!汚れが原因?

 

エアコンが全然効かないと、故障したのではと不安になる方が多いのではないでしょうか。確かに、故障もエアコンが効かなくなる原因の1つですが、他にも様々な原因が考えられます。様々な原因を考えて、1つずつ対処していくことで、本当の原因を突き止められるでしょう。ここでは、エアコンの効きが悪い場合に考えられる原因について、神奈川県を中心にハウスクリーニングサービスを提供しているハウスエイトが解説していきます。

 

エアコンフィルターにホコリが溜まっている

故障を疑う前にまず確認したいのが、フィルターやフィンにホコリが溜まっていないかということです。フィルターやフィンにホコリが溜まっていると、風の通りが悪くなるため、エアコンの効きが悪くなることがあります。

 

何年もエアコンの掃除をしていないような場合では、エアコン本来の運転効率が低下してしまい効きが悪くなってしまいます。フィルターについたホコリは掃除機で吸い取り、お風呂場でブラシなどを使ってこびりついた汚れを落としましょう。その後、陰干しして十分に乾かしてからエアコンに取りつけてください。

エアコン内部のクリーニングは、自分で掃除するには大きな手間がかかるため、プロのエアコンクリーニング業者に依頼した方がいいでしょう。フィルターやアルミフィンの掃除によってエアコンの効きが改善した場合は、ホコリが原因だったということです。実際にハウスエイトのお客様でもクリーニング後に「エアコンの効きがよくなった」という方は多くいらっしゃいます。

 

自動お掃除機能付きエアコンも掃除が必要

 

最近では、自動お掃除機能付きエアコンが広く流通しています。自動お掃除機能と言えば、全く掃除しなくてもいいエアコンを想像する方もいるのではないでしょうか。実は、自動でお掃除してくれるのは、フィルターだけなのです。

フィンや送風口は自動でお掃除できないため、定期的にお掃除が必要となります。

実際に上の画像はお掃除機能付きエアコンの内部の画像です。

エアコン内部はホコリやカビ汚れでいっぱいです。それでも2年前に他のエアコンクリーニング業者にお掃除をしてもらったばかりということでした。この状態だとエアコンの運転効率も低下してしまい臭いなども気になってしまいます。

 

 

エアコンの故障や不調

フィルターやエアコン内部を掃除してもエアコンの効きが悪い場合は、室内機と室外機のいずれかに原因があると考えられます。一言でエアコンの故障や不調といっても幅広く、様々な原因が予想されます。どのような原因があるのか詳しくみていきましょう。

 

✅エアコンセンサーの不調

エアコンには、室内の温度や熱交換器の温度を検知するセンサーが搭載されています。センサーが劣化や破損などで不調になると、エアコンは正常に運転できなくなるのです。冷房に設定しているのに生温い風が出てくるなどして、部屋が希望どおりの温度になりません。

 

✅エアコンのコンプレッサーの不調

空気を冷やしたり温めたりする冷媒は、コンプレッサーによってエアコンから送り出されたり回収されたりしています。冷媒の送り出しと回収ができなければ、空気を温めたり冷やしたりできなくなるため、エアコンが全然効きません。コンプレッサーは急に故障するのではなく、少しずつ機能が低下していくため、最近エアコンの効きが悪くなったと感じる場合は、コンプレッサーに何らかの問題が起きている可能性があります。

 

最低温度に設定して10~30分程度運転しても、熱交換機に水が発生していない場合には、コンプレッサーが機能していないと考えられます。

 

✅キャプラリーチューブの不調

冷媒を液化させるために必要なキャプラリーチューブが不純物で詰まると、エアコンの効きが悪くなります。不純物は長年かけて蓄積されていくため、長年使用しているエアコンにみられる症状です。キャプラリーチューブが詰まっているかどうかは、自分で確認することは難しいでしょう。

 

✅電磁弁の不調

冷房と暖房の設定に合わせて冷媒を適切な経路で送る電磁弁も冷媒の不純物が詰まって機能が低下する場合があります。正しく冷房と暖房を切り替えられず、エアコンが効かない事態となるのです。電磁弁の詰まりに関しても、自分で確認することは難しいでしょう。

 

✅冷媒ガス漏れ

冷媒ガスが漏れている場合もエアコンの効きが悪くなります。配管の取り付けミスや経年劣化による配管の腐食などが原因です。室外機から室内機につながるホースに霜がついていないか確認しましょう。

また、室内機の冷媒ガス漏れも考えられます。室内機の場合は、熱交換器に霜がついていないか確認してください。

 

✅室外機から熱がうまく放出されていない

室外機には、エアコンの働きによって取り除かれた熱を排出させる働きがあります。室外機の周りが覆われていたり、直射日光に当たっていたりすると、熱をうまく逃がすことができず、エアコンの機能を低下させる原因となります。

 

上記の内容による故障の場合はエアコンクリーニングを行ったところで改善することはありません。エアコンの修理業者に対応してもらうほかありません。

 

部屋の広さとエアコンの能力が合っていない

新居に引っ越してきてエアコンをつけたのに効きが悪い場合は、そもそも部屋の広さとエアコンの機能が合っていない可能性があります。10畳の部屋には10畳用のエアコンが必要です。

しかしエアコンの効きをより効率よくしたい場合にはサーキュレーターを使用するとよいでしょう。サーキュレーターの効率のいい使い方は、冬場の暖房時を使用する時には暖かい空気は天井に溜まるので、エアコンの風を下向けて運転させます。下に向かって出された暖かい風は天井に上がっていき、天井に暖かい空気が溜まっていきます。そこでサーキュレーターを天井に向け、暖かい空気を循環させます。天井に溜まった暖かい空気が部屋中に拡散され、体感温度が上がり効率よくエアコンを使えるようになります。

 

エアコンクリーニングはハウスエイトがオススメ

神奈川県内でエアコンクリーニングをご検討されているのであればハウスエイトがオススメです。

 

ハウスエイトのエアコンクリーニングおすすめ理由

知識・経験豊富なエアコンクリーニングのプロがお掃除徹底洗浄!

✅追加料金無し安心価格!複数台割引もございます。

✅洗浄に使用する洗剤は安心安全こだわりのエコ洗剤!

✅高機能消臭除菌剤でピカピカに洗い上げます!

 

神奈川県内であればお見積り、出張費無料ですので、神奈川県でエアコンクリーニングをご検討の方は、ぜひ一度ハウスエイトにお気軽にご相談ください。

 

 

 

神奈川県のエアコンクリーニングはこちら

 

おわりに

エアコンが効かない原因は、故障ではなくフィルターやフィンのホコリや汚れなどの可能性があります。真っ先に修理業者を呼ぶのでなくホコリや汚れを取り除き、それから故障していないかどうか確認しましょう。それでも改善されない場合にメーカーに点検してもらうことをおすすめします。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社my connect. All rights Reserved.