神奈川のハウスクリーニング・エアコンクリーニング

お見積もり無料・お気軽にご相談ください 0120-888-483 10:00~20:00 年中無休(電話受付は平日のみ)

ブログ


浴室タイルの目地やパッキンのカビ!お風呂場のカビ掃除方法

毎日お風呂掃除をしているのに、いつの間にかカビが生えていたことはありませんか?

1日の疲れを取ろうとお風呂に入ったのに、そこにカビが生えていたら気分はあまり良くありませんよね。

しかしいざお風呂の掃除を始めると、カビが簡単には落ちず一苦労…なんてことも。

そこで本記事では、浴室タイルの目地やパッキンなど、浴室で特にカビの目立つ部分のお掃除方法や、普段からできるカビ予防の方法をお掃除のプロがご紹介します。

 

浴室タイルの目地やパッキンのカビをお掃除!お風呂場のカビ掃除方法

 

浴室は家のお掃除の中でも特に清掃箇所や汚れの種類が多くあるためとてもお掃除が大変です。その中でもカビの汚れはとても頑固でお掃除も困難です。そもそも浴室に何でカビの汚れがついてしまうのでしょうか。

なぜ浴室はカビが発生しやすいの?

カビが発生する条件として、「温度」「湿度」「栄養」が挙げられます。これらの条件がそろうことでカビは大量に繁殖してしまうんです。

お風呂でお湯を使うと浴室の温度は約20~30℃になり、湿度は約80%以上になるためカビが発生しやすい温度と湿度になります。

そこに身体を洗った際に飛び散った皮脂や石けんのカスなどが残ると、カビはそれらを栄養にしてしまいます。

つまり、高温多湿、カビが好む皮脂などのタンパク質汚れがある浴室は、カビの発生・繁殖に絶好の場所というわけです。

 

「カビ取り剤パック」でお掃除

浴室にこびりついたカビを落とすために、泡スプレータイプのカビ取り剤を使う方もいると思います。

でも、ただスプレーしておしまい、になっていませんか?

床ならまだしも、壁にスプレーしたカビ取り剤は重力にしたがって流れていきますよね。ということは…カビ取り剤は数秒しかそこにとどまっていないことになってしまいます。せっかくのカビ取り剤なのにもったいない!

そこでおすすめの方法が「カビ取り剤パック」。方法は簡単です。

 

[カビ取り剤パックの方法]
1.カビが気になる部分にカビ取り剤をスプレー

2.すぐにキッチンペーパーを貼り付ける

3.上からさらにカビ取り剤をスプレー

4.最後にラップで密閉してパック完了

5.30分~1時間ほど待つ

6.時間が経ったらラップとキッチンペーパーをはがし、水で洗い流せば完了

 

ちなみにカビ取り剤は素手で触ると危険なので、お掃除するときは必ずゴム手袋をしてくださいね。

 

※参考画像

 

1.お風呂のドアパッキンについたガンコなカビ汚れ。

 

2.キッチンペーパーにカビ取り剤を含ませ気になるカビ汚れの上に置きます。

 

 

3.時間をおいたら(30分前後)キッチンペーパーを取りはブラシなどで軽く擦ります。簡単にカビ汚れが取れました!

 

本当に簡単なので是非試してください!!

 

「酢プレー」でパッキンのカビ掃除

浴室のパッキンは水分が溜まりやすいため、カビが発生しやすい場所です。放っておくとパッキンの奥までカビが浸透してしまい、落ちにくくなることも。そんなパッキンのお掃除におすすめなのが「酢プレー」です。

 

[酢プレーの作り方と使い方]
1.まず酢1:水3を霧吹きまたはスプレーボトルに入れてよく振り、酢プレーを作る

2.パッキンを乾拭きして水分を拭き取り、酢プレーをカビにかけて約1時間待つ

3.時間が経ったら歯ブラシなどでやさしくこすり、水で洗い流せば完了

 

普段からできる浴室のカビ予防

定期的なカビ掃除も大切ですが、1番良いのは普段からカビを予防することです。毎日こまめな予防を続けることで、カビの発生を抑えることができますよ。

カビ予防方法1】45℃以上のお湯の後に冷たい水をかける
入浴後はカビの栄養となる石けんのカスや皮脂などを落とすために、45℃以上のお湯を浴室にかけて汚れを落としましょう。なぜ45℃以上なのかというと…汚れはもちろん、カビの発生や活動を抑えることができるといわれているため。

しかし、お湯をかけておしまいにしてしまうと浴室の温度が下がらないままになってしまいます。せっかくお湯をかけてカビを減らしたのに、カビが繁殖しやすい環境を残してしまっては意味がありません。お湯をかけた後は、浴室の温度を下げるために冷水をかけましょう。

 

【カビ予防方法2】壁や天井の水滴を取り除く
壁や天井にお湯と冷水をかけた後は、そのまま換気…でも良いのですが、換気の前に水滴を拭き取ったり、ワイパーでざっと落としたりしておくとさらに安心です。

 

【カビ予防方法3】換気をする
冷水で温度を下げて壁や天井の水滴をざっと取り除いたら、湿気を浴室に残さないために換気をしましょう。

換気扇がついている場合は24時間つけっぱなしにしておくのも有効です。ご家庭によっても値段は変わりますが、電気代は月々200~300円程度しかかかりません。カビだらけになった浴室、カビだらけの浴室をお掃除する手間暇を考えると、200~300円でカビ予防になるならつけておいた方が良いのではないでしょうか。

また、換気扇を使用する際は浴室の窓やドアは閉めておくのが大切。閉めることで換気の効率が上がります。

 

おわりに


生えてしまったカビのお掃除は、よっぽど年季の入ったガンコなものでない限りは「カビ取り剤パック」や「酢プレー」である程度落とせます。また、入浴後のお手入れをしっかり行えば、増えやすい浴室のカビも抑えることができますよ。

浴室のカビにお悩みの方は、入浴後のお湯と冷水のシャワー、水気を取ること、換気をぜひ忘れずに実践してみてくださいね。カビのない清潔な浴室で気持ち良くお風呂に入りましょう!

 

神奈川県で浴室のお掃除の事で何かございましたらお気軽にご相談ください。

 

地域口コミサイト、ハウスクリーニング部門2019年5月現在1位を獲得!

域最安値に挑戦中です。

 

 

 

ハウスエイトの浴室クリーニングはこちら

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社my connect. All rights Reserved.