神奈川のハウスクリーニング・エアコンクリーニング

お見積もり無料・お気軽にご相談ください 0120-888-483 10:00~20:00 年中無休(電話受付は平日のみ)

ブログ


エアコン室外機の掃除は必要?節電効果で電気代安くなる

 

 

エアコンの室内機のフィルターなどの掃除を定期的に行っている人は多いでしょう。では、室外機も同じようにクリーニングをしていますか。実は、室外機も室内機と同じようにクリーニングをしないと、運転効率が悪くなり電気代がドンドンと高くなります。節電効果が高いと言われている室外機のクリーニングを実践してみませんか。

 

エアコンの室外機の役割

 

エアコンは昔の物でも、最近の物でも室内機と室外機2つが揃って、はじめて機能します。

例えば、暑い夏の場合、部屋のスイッチを入れるとすぐに涼しくなりますよね。「冷たい風」が送られてくるので、部屋を涼しくしていると思いますが、実は違うのです。

 

空気の「熱」だけを部屋の外へ追い出すことで、涼しくしているのです。冷房は空気の中に含まれる「熱」をなくしていくことで、涼しくし、逆に空気の中の熱を増やすことで暖かくしているわけなのです。

 

では、空気の熱をどうやって、部屋の外に追い出しているのでしょう。

 

室内機のパイプを伝っていくと先にあるのは「室外機」です。

パイプの中には、「冷媒(れいばい)」と呼ばれる熱の運び屋がいます。この冷媒が、室内機と室外機の中にある「熱交換機」を出入り口にして、部屋の熱だけをパイプを通り排出しているわけです。

 

室外機の役割は、風を送り出すことではなく、熱を運ぶ冷媒の出口なのです。

 

室外機の掃除ポイント

 

室外機は外に設置することを前提に頑強に作られているので、わざわざクリーニングをするイメージがないかもしれません。

 

しかし、室外機を放置していると、砂ぼこりや泥などでドンドンと汚れていきます。

 

汚れが詰まった室外機は、エアコンの運転効率を下げ電気代を高くし、エアコンの故障にもつながってしまいます。室外機の音がするさい、動かなくなったなどの故障は、経年劣化ではなくゴミの詰まりが原因の可能性があります。

 

室外機のクリーニングは、

 

・節電効果

・エアコンの寿命を延ばす効果

 

掃除だけで大きなメリットを得ることができます。

 

では、お掃除ポイントを見ていきましょう。

 

異音の原因はファンにあり

 

室外機を覗くと、ファンがあることを確認できるはずです。そこに、枯葉や大きなゴミが絡まっていないかチェックします。掃除機やブラシ、竹串などを使って、ファンを傷付けないように優しく取り除きます。音がするさい場合は、ファンに何か詰まっている可能性が高いです。自力で取り除けない場合は、エアコンクリーニングの専門業者では、室外機のクリーニングも行っているので、室内機の掃除と一緒に頼むと便利です。

 

 

詰まりやすいドレンホース(排水ホース・水抜きホース)

室外機の内部の結露水を逃がすホースです。下部から出ています。ドレンホースがゴミなどで詰まると、内部に水分が溜まり室内を水浸しにし、故障します。詰まってしまう前に針金などを奥まで入れゴミをかき出しておきましょう。詰まりやすい場所なのでとくに注意が必要です。ホースが劣化している場合は、すぐに交換しましょう。

 

 

暖房時期の前に水抜き穴チェック

エアコンの下部にある穴は、暖房で発生する水を抜く役目があります。穴がゴミなどで詰まり、水分が排出されないと故障します。暖房を使う時期の前には、必ず詰まりがないかチェックしてクリーニングしましょう。

 

 

室外機の裏にある「熱交換機」も忘れずに

室外機の裏側は「熱交換機」があります。ホコリなどで汚れていると運転効率を大幅に下げてしまい、電気代を高くしてしまいます。繊細な場所なので、柔らかいブラシを使いながら掃除機で吸い上げます。壁に近いなどで掃除できない場合は、中には40キロを超す室外機もあるので専門業者にクリーニングを依頼した方がいいでしょう。

 

 

室外機の環境にも気を付けましょう

室外機周辺の枯葉やゴミなどをホウキとチリトリで取り除きましょう。熱が外に逃げるのに邪魔になるので、周辺にはなるべく物を置かないことが電気代節約のコツです。

 

また、夏場の室外機はとても暑くなるので、すだれで涼しくなる環境を作ることをおすすめします。冬場になれば、すだれを外し逆に日光が当たるようにします。そうすることで、エアコンの運転効率が上がるので、節電効果につながります。

 

 

エアコンクリーニングはハウスエイトへ

ハウスエイトのエアコンクリーニングではエアコンのフィルターやカバー部分のお掃除はもちろんのこと、自分ではお掃除をする事が難しいエアコン内部までしっかりと分解洗浄していきます。

洗浄するスタッフも知識、経験豊富なスタッフがしっかりとエアコンを洗浄いたしますのでご安心ください。

エアコンクリーニングに使う洗剤も人や環境に配慮したエコ洗剤を中心に使用しいたします。

 

神奈川県内でエアコンクリーニングをプロに頼むならエアコンクリーニング実績が豊富なハウスエイトがオススメです

 

 

 

まとめ

 

室外機は頑丈そうなので、とくに気にしないでも大丈夫だと思いがちですが、室内機どうように精密機械の入ったデリケートなものです。地域差がありますが、夏前の5月~6月、冬前の10月~11月までには年2回の定期点検とクリーニングをおすすめします。

 

手が届かずに気になる部分がある、様子がおかしいなどあれば、専門業者では室内機のクリーニングと同じように、高圧洗浄機を使ったクリーニングも行っております。室外機の養生を行い、高圧洗浄機でしっかりお掃除できます。エアコンの寿命を延ばし、電気代の節約効果が高くなります。ぜひ皆さんも一度プロのお掃除業者に任せてきれいなお家で気持ちよく過ごしましょう!

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社my connect. All rights Reserved.