神奈川のハウスクリーニング・エアコンクリーニング

お見積もり無料・お気軽にご相談ください 0120-888-483 10:00~20:00 年中無休(電話受付は平日のみ)

ブログ


お掃除機能付きエアコンの掃除は必要!見分け方と清掃方法

 

エアコンの「自動お掃除機能付き」や「お掃除ロボット」など呼ばれている内部クリーン機能が付いた商品で、電気店で「お手入れが少なくてすむ」とおすすめされた方も多いでしょう。はたして、エアコンの自動お掃除機能は必要な機能なのでしょうか。

 

お掃除機能付きエアコンと「なし」の違い

上の画像はお掃除機能付きエアコンの内部の汚れです。見ていただいてわかる通りお掃除機能が付いていても内部ではここまで汚れてしまいます。

「エアコン室内機の外カバーをサッと一拭きするだけで、内部のお掃除は不要!」それだけで掃除がすめば、「自動お掃除機能付きエアコン」は夢のような商品です。

しかし、エアコンの仕組み上お掃除機能がついていようが、運転中は、室内機の内部は濡れた状態になりカビが発生しやすくなっています。

 

エアコン内部についたカビ汚れや花粉ハウスダストを取り除くことまでの機能ではありません。掃除機能が付いている、付いていない関係なく、エアコンは内部のカビやホコリ、室外機のファンやドレンホースなどの定期的なクリーニングが必要なのです。

 

「お掃除機能付き」の自動で掃除する箇所は、主に室内機のフィルター部分のみです。確かに、フィルターがお手入れせずにいつもキレイだと気持ちのいいものですが、完璧にホコリを落とす機能ではありません。定期的なフィルターの水洗い・乾燥を行った方がいいでしょう。

 

エアコンは、自動の掃除機能(掃除ロボット)が付いていても、付いていなくても、内部のカビや花粉、タバコのヤニ、ホコリ、室外機の詰まりや汚れも同様にクリーニングをしていかないと電気代が上がったり、効きが悪くなったりします。最悪の場合故障の原因にもつながります。

 

自動お掃除機能付きエアコンの見分け方

お掃除機能付きエアコンと付いていないエアコンの見分け方は、分かりづらいものです。付いていないと聞いて訪問してみると、お掃除機能付きエアコンということもあります。

それでは、どうすれば見分けることができるのでしょうか。

 

エアコン本体の厚みで見分ける

 

パッと見お掃除機能付エアコンと付いていないエアコンはほとんど変わりありません。しかし、お掃除機能が付いているエアコンは、横から見ると、お掃除機能無しエアコンより厚みがあります。

エアコンにプラスして掃除機能のユニットが付いている分、本体に厚みがあります。

しかし、全ての商品に厚みがあるわけではありません。

厚みを抑えて作られたエアコンもあります。

 

室内機の前面パネルを外す

 

エアコンの厚みで付いているか付いていないかの判断が難しいようであれば、室内機の前面パネルを外して見ましょう。

パネルを空けて、すぐに取り外しのできるフィルターのみでしたら、自動の掃除機能が付いていないエアコンと考えていいでしょう。

 

メーカーによって付いている機械に違いはありますが、フィルター以外に機械が付いていたら、掃除機能付きエアコンと判断できます。

 

エアコンのリモコンで確認する

リモコンのボタンに付いている機能を見ることでも、判断できます。

メーカーによって呼び名はさまざまですが、

「手動掃除」、「フィルターお掃除」、「フィルターおそうじ」などの機能がリモコンに付いていたら、自動お掃除機能付きのエアコンです。お客様から多くご質問をいただく内部クリーンというボタンがありますが、この機能は基本的にエアコン内部が結露などで濡れている状態の時に、内部を乾燥させてカビの発生を抑える機能です。

 

エアコンの取り扱い説明書をなくされている方も多いかと思います。その時にはエアコンに書いてある型番などを調べるとお掃除機能が付いているか付いていないかがわかる事もあります。ご不明な場合は、弊社スタッフまでお気軽にご相談ください。

 

お掃除機能付きエアコンの分解クリーニング

自動お掃除機能付き(お掃除ロボット付き)エアコンでも、運転中に悪臭がしだしたら内部のカビや汚れなどが原因で起きている可能性がとても高いです。エアコンは毎年、買い替える物でありませんので、専門業者による早めのエアコン分解クリーニングがおすすめです。

 

高圧洗浄機を使った専門の分解クリーニングをする事により、内部のカビ汚れやホコリなどをキレイさっぱりと落とすことが出来ます。お掃除することによりニオイ改善だけでなく、カビによる健康被害を防いだり、エアコンの効きが良くなったり、節電効果で電気代が安くなったりとメリットが多くあります。

 

 エアコン洗浄時間の違い

お掃除機能がついていないエアコンクリーニングにかかる時間は、1時間半~2時間程度ですが、掃除機能付きの場合は、設置場所などにもよりますが2時間〜3時間程度かかることがあります。その理由としては、洗浄の際に「フィルター掃除の機械(掃除ロボット)の取り外し」と洗浄完了後の「取り付け」が必要になってきます。その分、クリーニングに必要な時間が増えます。

 

最後に

掃除機能付きエアコンは掃除しなくても大丈夫ということはけしてありません。機能が複雑化していく家電製品ですが、基本的な構造が違うわけでもありません。とくに、エアコンは一件の家に2台、3台と設置されているほど需要のある製品です。メーカー間の競争も激しく新商品の開発も激しいですが、従来のシステムを踏襲したシステムで作られています。従来のエアコンと同様に、正しく掃除をすることで悪臭やカビによる健康被害などを防げます。

 

エアコンのクリーニングは高機能になるほど、クリーニングに必要な時間が増え、料金も変わってきます。水がついてしまう事で故障する事もありますので、ご自分でお掃除をする際には慎重に洗浄を行ってください。お掃除機能がついていないエアコンからついているエアコンまで、クリーニングのことならお気軽にご相談ください。

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社my connect. All rights Reserved.