神奈川・横浜 ハウスクリーニングエアコンクリーニング| 神奈川・横浜のハウスエイト

お見積もり無料・お気軽にご相談ください 0120-888-483 10:00~20:00 年中無休(電話受付は平日のみ)

ブログ


キッチンのガスコンロのお掃除方法 | 油汚れや焦げつきもキレイに

 

キッチンのガスコンロ周りは、どうしても油汚れが飛び散ってしまいます。また、頑固な油汚れや焦げつきなどがあると、毎回の掃除に時間がかかってしまいます。掃除のポイントを押さえることで、日々のお掃除が楽になります。そこで本記事では、キッチンのガスコンロのお掃除方法について、神奈川県でお掃除サービスをご提供しているお掃除業者「ハウスエイト」が頑固な油汚れから焦げつきまで汚れ別にご紹介します。

 

ガスコンロの各部品の特徴と掃除のポイント

 

まずは、ガスコンロ周りの部品の特徴と掃除をするときのポイントや注意点から詳しくみていきましょう。

 

トッププレート

トッププレートとは、ガスコンロが設置されている台のことです。最近では、熱に強く高級感のあるガラス製のものが一般的に使われています。強化ガラスではありますが、重いものを落とすと割れる心配があるため、慎重に取り扱いましょう。

 

また、ホーロー製のものはガラス質がコーティングされており、経年劣化によってコーティングが剥がれたところにサビができる場合があります。コーティングを傷つけないように慎重に取り扱いましょう。そのほか、汚れがつきにくいフッ素コートのものもあります。コーティングがはがれやすいため、強く摩擦するなどは避けてください。

 

グリル排気口カバー

トッププレート上部にある排気口に取りつけられているカバーです。グリルから出た煙を排気するところのため、グリルがついていない場合は排気口もついていません。汚れが気になるからといってアルミホイルなどでふさぐと、排煙できなくなります。

 

グリル排気口カバーは簡単に取り外せて掃除もしやすいので、こまめにお掃除しましょう。

 

五徳(ごとく)

五徳は、ガスコンロの上にフライパンなどを置くために設置されている台です。汁受け皿の有無で2種類にわかれます。汁受け皿がある方が掃除しやすいと思われるかもしれませんが、立体的な形をしているため掃除に手間がかかります。

 

日々、楽にお掃除をしたい方は、汁受け皿がないタイプのガスコンロを選ぶことが大切です。

 

ガスコンロの汚れの種類

それでは、ガスコンロの汚れの種類について詳しくみていきましょう。キッチンの汚れは大きく分けて2種類です。

 

油汚れ

炒めものや揚げものなどを作ることが多い場合、周囲へ多量の油が飛び散ります。どれだけ丁寧に料理をしても飛び散るもののため、定期的に掃除することが大切です。油汚れを放置すると油が固まり頑固な汚れに変わります。また、ホコリや焦げつきと油汚れが混ざることで、さらに落とすことが難しくなります。

 

焚きものや茹でものが中心でも、食材や調味料に含まれる油分によって油汚れがつきます。

 

焦げつき

調理をしているときに周囲へと飛んだ食材や調味料などがガスの火で焦げついたものです。調味料であれば、簡単に落とすことができますが、小麦粉や片栗粉などが含まれた汚れが焦げつくと、落とすのに時間と手間がかかります。

 

ガスコンロの油汚れや焦げつきお掃除に必要なもの

それでは、ガスコンロの油汚れや焦げつきのお掃除に必要なものを詳しくみていきましょう。

 

・掃除用手袋

・台所用洗剤

・油汚れ用洗剤

・クリームクレンザー

・スポンジ

・古布

・ミニブラシ

・竹串

・ラップ

 

いずれも、ドラッグストアやスーパー、ホームセンターなどで入手できます。

 

ガスコンロの油汚れのお掃除方法

それでは、ガスコンロ周りの油汚れのお掃除方法について、詳しくみていきましょう。

 

トッププレート

トッププレートの油汚れは、ついて間もないものであれば台所用洗剤を水で薄めたもので簡単に拭き取ることが可能です。ベタつきが強い場合は、油汚れ専用の洗剤を使って拭いてください。液体を直接トッププレートにかけると、ガスコンロの内部へ侵入して故障する恐れがあるため、必ず布にしみ込ませて使用しましょう。

 

時間が経った頑固な油汚れには、クリームクレンザーが効果的です。スポンジにクリームクレンザーをつけて、優しくこすってください。また、丸めたラップでクリームクレンザーを使うことで、さらに効果が高まります。

 

また、トッププレートの素材によっては、洗剤が原因でコーティングが剥がれます。そのため、洗剤の説明書きを確認したうえで、まずは目立たないところで試しましょう。

 

五徳とグリル排気口カバー

台所用洗剤を水で薄め、布で拭いてください。頑固な汚れは、熱湯にしばらくつけておくことで汚れが落ちやすくなります。火傷が心配な方は、40℃程度のお湯でも問題ありません。また、つけ置き用の桶などがない場合は、ビニール袋にお湯をためたものにつけてください。

 

お湯によって汚れが落ちやすくなったら、油汚れ用洗剤を吹きかけて数分放置しましょう。その後、スポンジやミニブラシでこすれば、汚れが簡単に落ちます。

 

バーナーキャップ

バーナーキャップは、台所用洗剤を水で薄めたもので拭いてください。また、目詰まりがある場合は、竹串などで丁寧に取り除きましょう。

 

ガスコンロのこげつきのお掃除方法

五徳やグリル排気口カバーのこげつきには、クリームクレンザーを使ってください。トッププレートの場合と同じく、丸めたラップを使うことで効率よく汚れを落とせます。また、角はミニブラシで丁寧にこすりましょう。

 

五徳の細かいところをこするときは、ブラシで手を傷つけないように注意してください。

 

ガスコンロのお掃除の手間を減らすポイント

それでは、ガスコンロのお掃除の手間を減らすポイントについて詳しくみていきましょう。

 

毎日掃除する

できるだけ毎日掃除することで、掃除の手間を減らすことが可能です。例えば、頑固な汚れがついてしまうと、1回の掃除に1時間以上はかかるでしょう。しかし、毎日の掃除であれば、3分程度で完了します。

 

1回の掃除に1時間かかる場合、毎日掃除した場合における20回分に相当するのです。1週間に1回、1時間かけて掃除をするケースだと、毎日掃除した場合と比べて約3倍の労力がかかります。

 

揚げものを作るときはフタをする

揚げものを作るときは、できるだけフタをしてください。フタをすることで油ハネによる汚れを防ぐことが可能です。また、油を高温にしすぎることでハネやすくなるため、適切な温度をキープすることも大切です。

 

専用洗剤を使う

重曹やクエン酸を使ったお掃除方法もありますが、基本的には専用洗剤や台所用洗剤を使ってください。重曹やクエン酸は肌に優しいことがメリットですが、お掃除に時間がかかります。また、十分に汚れが落ちないことで、かえって労力が増える可能性もあるでしょう。

 

洗剤による肌荒れが気になる方もいるかもしれませんが、手袋をすれば問題はありません。キッチンのお掃除のときにはアルカリ性洗剤がおすすめです!

 

 

キッチンのお掃除はハウスエイトがおすすめ

キッチンのお掃除方法をご紹介してきましたが、「なかなか自分でお掃除をする時間が取れない」「自分では手に負えない」などのお悩みもあると思います。

なのでまずは、プロのお掃除業者にガスコンロ周りをキレイにしてもらって、リセットするのもおすすめです。神奈川県でプロのお掃除を体験してみたい方は、是非ハウスエイトお気軽にご相談ください。ハウスエイトであれば頑固な油汚れや焦げ付きも専門知識や専用の洗剤でご自宅のキッチンをピカピカにお掃除いたします。

神奈川県内であればお見積り・出張費が無料ですので、水回りのお掃除は是非ご相談ください。

 

地域口コミサイト、ハウスクリーニング部門2020年5月現在1位を獲得!域最安値に挑戦中です。

 

ハウスエイトのキッチンクリーニングはこちら

 

まとめ

キッチンのガスコンロの油汚れや焦げつきは、ポイントを押さえることで短時間でお掃除できます。また、調理後に毎回お掃除することで、頑固な油汚れや焦げつきのお掃除に苦労することもなくなります。定期的な効率の良いお掃除でキッチンのキレイを維持してください。

お友達登録も簡単なので是非登録お願いします。

LINEで簡単お見積もりやLINE限定のお得なクーポンなども配信します。

是非お友達お願いします!

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社my connect. All rights Reserved.