神奈川・横浜 ハウスクリーニングエアコンクリーニング| 神奈川・横浜のハウスエイト

お見積もり無料・お気軽にご相談ください 0120-888-483 10:00~20:00 年中無休(電話受付は平日のみ)

ブログ


お風呂のカビが繁殖する原因は?キレイを保つための対策方法

 

お風呂は、こまめに掃除しても短期間でカビが繁殖します。お風呂のカビに悩まされている方は多いのではないでしょうか。まずは、カビが生える原因を知ったうえで、適切に対策することが大切です。カビが生えにくい状況を作ることで、日々のお掃除が楽になるでしょう。本記事では、お風呂のカビが繁殖する原因とキレイな状態を保つための対策方法をプロのお掃除業者「ハウスエイト」がご紹介します。

 

お風呂に繁殖カビ汚れとは

カビは真菌とも呼ばれ、細菌やウイルスと同じく微生物の一種です。実は、カビは空気中に漂っているだけではなく、人の肌にも生息しています。他の微生物とのバランスを保つことで、人の健康に深く関わっているのです。しかし、カビが増えすぎると肌にトラブルが起きたり、アレルギー反応が現れたりします。

 

目に見えるカビは、目に見えない小さなカビが集合したものです。お風呂のカビは、空気中に漂うカビが繁殖して目に見えるまでの集合体になったもののため、日々の掃除で取り除く必要があります。放置すると、カビを吸い込むことで健康に支障をきたしたり、肌にアレルギー反応が現れたりするでしょう。

 

カビ汚れ発生条件とは

お風呂でカビが発生しやすいのは、カビの発生条件である以下を満たしているためです。

 

・酸素がある

・温度20℃~30℃

・湿度60%以上

・栄養分がある

 

つまり、これらの発生条件を取り除くことで、カビが発生しにくくなります。

 

お風呂にカビが繁殖する原因

それでは、お風呂にカビが繁殖する原因について詳しくみていきましょう。

 

高温多湿の環境

お風呂場では水を使用します。それも、38~42℃程度のお湯を使用するため、蒸気によって高温多湿の環境になるのです。お風呂の使用中は常に高温多湿の環境になることで、どうしても短期間でカビが繁殖してしまいます。

 

シャンプー容器などについた水滴

シャンプーや石けんなどの容器には、どうしても水滴がつきます。こまめに換気して温度と湿度を下げても、容器についた水滴までは取り除けません。その水滴がついたところにカビが繁殖して、いつの間にか容器が黒くなってしまいます。

 

シャンプーの成分などの栄養源

シャンプーや石けんの泡に含まれる成分は、カビの栄養源になります。床についた洗浄成分は特に意識しなくてもシャワーで流れますが、壁についたものは意識的にシャワーをかけなければ流せません。

 

また、目に見えないほどの小さな泡が天井や壁などについている可能性もあります。

 

タイルの溝に残った水滴

タイルの溝は水滴がとても残りやすく、溝に残った水滴によってカビが繁殖してしまい、溝が黒くなる場合があります。溝に残った水滴は簡単には取り除けません。

 

排水溝の詰まり

排水口が髪の毛などで詰まっている場合、排水口が汚水で満たされています。汚水が蒸発することでお風呂の湿度が上がり、カビが繁殖しやすくなるのです。不衛生でニオイの原因にもなるため、排水口の詰まりはできるだけ早く解消しましょう。

 

お風呂のカビ対策方法

それでは、今日から始めたいお風呂のカビ対策方法について詳しくみていきましょう。

 

こまめに掃除する

カビは、目に見えなくても確実に存在しています。目に見えるほどまでに繁殖する前に掃除することが大切です。カビ取り用洗剤を使わなくても、目に見えない程度のカビであればお風呂用洗剤で掃除をするだけで取り除けます。

 

週1~2回は掃除をすることを心がけましょう。こまめに掃除をすることで、1回の掃除にかかる時間を減らせます。

 

使用後は換気する

お風呂を使用した後は、必ず換気をして温度と湿度を下げてください。低い温度でシャワーを浴びた場合も、水滴が蒸発することで湿度を上げるため、必ず換気することが大切です。お風呂の窓とドアを全開にしたうえで、換気扇をつけましょう。

 

使用後に熱湯をかける

お風呂から上がるときに、50℃以上の熱いお湯をお風呂全体にかけてください。カビは熱に弱く、50℃以上のお湯を90秒ほどかけることで、奥の層にいるカビも撃退できます。できれば毎日対策したいところですが、週1回程度でも効果が期待できるでしょう。また冷水をお風呂場全体にかけてあげるとお風呂全体の温度を下げる効果も有りカビが繁殖しづらくなります。

 

水気をふき取る

お風呂に入った後は、あらゆる場所に水滴がついています。できるだけ細かいところまで乾いた雑巾で水滴を取り除いてください。しかし、毎回の入浴後にふき取るのは大変なので、できる範囲で問題ありません。

 

その代わり、他の対策方法をしっかり実践することが大切です。

 

浴槽のフタを閉める

浴槽にお湯を残すときは、必ずフタを閉めてください。フタを開けたままにすると、残り湯の蒸気でお風呂場内が高温多湿の環境になってしまいます。また、フタをすることで浴槽内のお湯の温度を保ちやすくなるので、次に入る人のためにもフタを閉めておきましょう。

 

防カビアイテムを使う

防カビアイテムを使うことで、カビが生えにくくなったりカビを洗い流しやすくなったりします。例えば、銀イオンの煙が浴室へと広がることで、抗カビコーティングできるものがあります。日々のお掃除でカビをこまめに取り除きつつ、カビが繁殖しにくい状況をキープすることが大切です。

 

そのほか、天井に取り付けるだけでカビが生えにくくなるアイテムもあるなど、さまざまな防カビアイテムがあります。効果は製品によって異なるので、試しにいくつかのアイテムを購入してみてはいかがでしょうか。

 

お風呂のカビの除去方法

それでは、お風呂のカビを取り除く方法について、詳しくみていきましょう。

 

必要なもの

お風呂のカビを取り除くために事前に用意してもらいたいものは次のとおりです。

 

・カビ取り剤

・ゴム手袋

・マスク

・スポンジ

・歯ブラシ

・雑巾

・ラップ

 

掃除のときは、必ずゴム手袋をしてください。カビ取り剤が手に付着すると、なかなか塩素臭が取れず皮膚に大きなダメージを与えてしまいます。また、カビやカビ取り剤を吸い込むことを防ぐために、マスクを着用しましょう。基本は、スポンジと歯ブラシで掃除をしますが、頑固なカビにはラップが役立ちます。

 

手順

それでは、お風呂のカビを取り除く手順を詳しくみていきましょう。

 

(1)お風呂場全体にシャワーをかける。

洗剤をかける前に必ずシャワーで濡らしてください。理由は洗剤の垂れジミ防止のためです。ここを怠ってしまうと垂れジミが目立ってしまいます。

 

 

(2)気になる箇所に洗剤をかける

この工程で必ず窓を開けるなどして換気は必ず行ってください。カビ取り剤は臭いがきつく人によっては頭痛がしたりして今います。換気をした上でゴム手袋とマスクを着用し、気になっているカビ汚れに洗剤を吹きかけてください。

 

(3)洗剤放置タイム

カビ取り剤を吹きかけたら洗剤の上からラップをして汚れと洗剤を密閉させます。30分~1時間程度は放置し時間がたったらラップを外してください。まだカビが残っているところは歯ブラシで軽く擦るだけでカビ汚れが落ちていきます。

 

(4)シャワーで洗剤を流す

ここがポイントで洗剤流すときには熱いシャワーでカビ取り剤を洗い流しましょう。洗剤を完全に流し終えたら、次は暖まってしまったお風呂場内を冷水をかけて温度を様していきます。

 

(5)水気をとる

最後にお風呂場ないに残ってしまった水気をしっかり乾いたタオルで拭き取り完成です。

 

神奈川県でのお風呂場お掃除はハウスエイトがおすすめ

ここまでお風呂場のカビ繁殖防止方法、お掃除方法のご説明をさせていただきましたが対策は取れてもお掃除をすることが大変という方も多いと思います。そんなときにはお掃除のプロに一度しっかりお風呂場の掃除を依頼することをお勧めします。一度お掃除のプロにしっかり清掃をしてもらったら、あとは汚れないよう対策を取っていけばお風呂場のキレイが維持しやすくなります。神奈川県内でお風呂のお掃除をご検討の方は是非ハウスエイトクリーニングにご相談ください。

ハウスエイトでは、人体や環境、素材に優しいエコ洗剤を使用して気になるお風呂の汚れをピカピカにいたします。

 

ハウスエイトのお風呂場クリーニング施工事例

おわりに

 

お風呂のカビが繁殖しやすいのは、高温多湿で栄養豊富な環境であるためです。こまめな換気や熱いシャワーで洗い流すことを習慣づけて、カビのないキレイなお風呂をキープしましょう。

 

 

お友達登録も簡単なので是非登録お願いします。

LINEで簡単お見積もりやLINE限定のお得なクーポンなども配信します。

是非お友達お願いします!

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社my connect. All rights Reserved.