神奈川・横浜 ハウスクリーニングエアコンクリーニング| 神奈川・横浜のハウスエイト

お見積もり無料・お気軽にご相談ください 0120-888-483 10:00~20:00 年中無休(電話受付は平日のみ)

ブログ


お風呂場掃除おすすめ洗剤と道具 | カビや水垢をキレイに落す

お風呂のカビや水垢などの汚れを落とすのに苦労している方は多いのではないでしょうか。洗剤と道具を正しく使えば、短時間で広範囲を掃除できます。お風呂用の洗剤やスポンジの他にも、汚れを落とすのに役立つ道具がたくさんありますよ。本記事では、お風呂場の掃除に使えるオススメの洗剤と道具を神奈川県でハウスクリーニングサービスをご提供しております「ハウスエイト」が解説していきます。

 

お風呂の汚れの種類

まずは、お風呂場の汚れの種類から詳しくみていきましょう。

 

皮脂汚れ

お風呂場といえばカビ汚れが代表的ですが、実は人の身体から出る油(皮脂)も多く付着しております。また皮脂は、油汚れに分類されるため酸性の汚れです。雑菌のエサにもなりやすいため、この汚れを放置すると嫌なニオイの原因になります。また、酸化することで黒い汚れに変わります。入浴後に壁や床、鏡などを熱いシャワーで流すことで、汚れが溜まりにくくなりますよ。

 

カビ

お風呂場には主にピンクカビ黒カビの2種類のカビが繁殖しています。その中でもピンクカビは比較的簡単に落ちますが、黒カビは壁や天井、タイルの溝、床の奥に入り込んでしまうため、なかなかキレイに落とすことができません。石鹸カスや皮脂、湿気などがカビの発生に繋がるため、普段から注意しておきたいところです。


水垢や石鹸カス

水垢の正体は、鏡や床についた水道水の水分が蒸発し、ミネラル分だけが残ったものです。浴室を十分に乾燥させないと、水垢が大量に発生します。ただ、水垢は普段から注意していても発生するため、定期的に掃除をするものだと割り切ることが大切です。

 

また、石鹸カスは皮脂や石鹸の泡が混ざって固まったもので、水垢と同様に注意していても溜まってしまいます。


お風呂場の掃除に使えるオススメの洗剤5選

まずは、お風呂場の掃除に使える洗剤からご紹介します。

 

1.中性洗剤

中性洗剤は泡立ちも良く、お風呂場のちょっとした油性の汚れを落とすのに向いています。例えば、皮脂や石鹸カスなどは、固まっていなければ中性洗剤で落とせるでしょう。お風呂場用の中性洗剤でなくても、台所用洗剤でも問題ありません。頑固な汚れになると、アルカリ性や酸性など、性質に合わせて洗剤を使い分ける必要があります。

 

2.塩素系漂白剤

塩素系漂白剤は、カビを落とすのに適した洗剤です。強力な殺菌作用とモノを白くする漂泊作用があります。強力な殺菌作用でカビを取り除き、洗ったところをピカピカにすることが特徴です。塩素系漂白剤は便利な洗剤ですが、酸性の洗剤と混ぜると有毒ガスが発生するため、必ず単品で使う必要があります。

 

カビ汚れの落とし方のポイントとして、カビに塩素系洗剤を吹きかけて10~20分置いてから軽くブラシで擦ってシャワーで洗い流すだけでカビ汚れを落とせます。

 

3.酸性洗剤

石鹸カスや水垢などのアルカリ性の汚れには、酸性の洗剤がオススメです。酸性洗剤を吹きかけてスポンジで擦れば、皮脂や水垢を落とせます。塩素系洗剤同様酸性洗剤も「混ぜるな危険」ですので使用方法は気をつけて使用しましょう。

 

4.アルカリ性洗剤

皮脂などの油汚れにはアルカリ性洗剤がお勧めです。主に中性洗剤では十分に落ちなかった皮脂汚れにアルカリ性洗剤を使用すれば、簡単に落とせますよ。

 

5.風呂釜洗浄剤

浴槽の掃除には、風呂窯洗浄剤がオススメです。お湯を張り、洗浄剤を入れて追い炊きをし、10~20分経ったらお湯を流します。それだけで、追い炊きのお湯が出てくるところも一緒にキレイにできますよ。スポンジやブラシでの掃除は、中腰の姿勢になるため、かなりの体力を使いますよね。

 

風呂窯洗浄剤を使えば、手軽に浴槽をキレイにできます。

 

お風呂場の掃除に使えるオススメの道具4選

それでは、お風呂場の掃除に使えるオススメの道具を4つご紹介します。

 

1.スポンジ

お風呂場の掃除道具と言えば、スポンジを最初に思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。浴室に使う場合は、硬いブラシ状の毛がついたスポンジブラシを選ぶことが大切です。床や壁の溝に張り付いた石鹸カスや皮脂などをこすり落とせます。ただし、頑固な汚れを落とすほどの硬さはないため、軽い汚れを落とすのにだけ使いましょう。

 

2.水切りワイパー

壁や浴槽の掃除が終わったら、水切りワイパーで水滴を取り除きましょう。水滴をそのままにすると、洗い残した皮脂や石鹸カスをエサにして、雑菌が増える恐れがあります。また、浴室の湿度が上がってカビも生えやすくなるでしょう。水切りワイパーで丁寧に水滴を取り除いて、お風呂掃除を仕上げてください。

 

3.ブラシ

硬いブラシは、お風呂掃除に欠かせない道具です。スポンジブラシよりも硬いため、頑固な汚れもこすり落とせるでしょう。ただし、中性洗剤などで、汚れを落としやすくしておくことは必須です。また、浴槽を傷つける恐れがあるため、傷に弱い材質には使用しないでください。

 

4.ペーパーモップ

ペーパークリーナーをつけられるモップ(クイックルワイパーの様な物)は、天井の掃除に役立ちます。浴室の天井にも水垢や石鹸カスなどがあるため、毎回しっかり掃除しましょう。柄の長さを調節できて、先端部分が可動式のものがオススメです。また定期的にモップにアルコールをつけて天井を拭いてあげるだけでカビ繁殖の抑制になります。

 

お風呂掃除の洗剤と道具の保管方法

掃除の洗剤や道具が増えると、保管場所に困りますよね。浴室に放置すると、洗剤のボトルや道具にカビが生える場合もあります。今回、ご紹介した洗剤や道具を入手したら、次のように保管しましょう。

 

洗剤類は洗面所の棚に保管

 

洗剤類は、洗面所の棚に保管しておきましょう。棚を閉めておけば湿気も入らないため、カビが生えません。棚の保管場所に余裕がない場合は、洗面所に突っ張り棒と板を2本使って棚を作りましょう。突っ張り棒を2本壁に取り付けて、その上に板を置くだけで棚を作れます。

また洗剤の種類で、塩素系(カビ取り洗剤)と酸性洗剤は同じところには、置かずに別々に置いておくといいです。

 

ブラシやスポンジは吊るす

ブラシやスポンジは、洗面所に起きたくない方が多いのではないでしょうか。ブラシやスポンジは、浴室に吊るしておくのがオススメです。浴室の壁に取り付けられる吸盤付きの取っ手にS字フックを引っかけるだけで、ブラシやスポンジを吊るせるようになります。

 

また、浴室掃除に使うゴム手袋やブーツも同じように吊りましょう。

 

お風呂場の掃除はハウスエイトがオススメ

すでにお風呂の汚れがひどくて、掃除をする気になれない方は、一度プロのハウスクリーニング業者に依頼してはいかがでしょうか。浴室をキレイにリセットすれば、お掃除のやる気も出てくるかもしれません。神奈川県でお風呂場のお掃除業者を探されているのならハウスエイトがお勧め!!ハウスエイトでは、人体や環境、素材に優しいエコ洗剤を使用して気になるお風呂の汚れをピカピカにいたします。

ハウスエイトのお風呂場クリーニング施工事例です。

まとめ

お風呂のカビや水垢汚れなどを落とすのに役立つ洗剤と道具をご紹介しました。どれもドラッグストアやスーパーなどで簡単に入手できます。お風呂の掃除を少しでも楽にするポイントは、汚れの種類に合った洗剤を使うことです。簡単な汚れは中性洗剤、頑固な汚れはアルカリ性洗剤や酸性洗剤で落としましょう。以上の内容でお風呂のお掃除をして毎日ピカピカなお風呂を維持してみてはいかがでしょうか。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社my connect. All rights Reserved.